自宅を綺麗に、ガラスコーティング剤が実現する高いそうじ力

防犯にも活用

玉砂利とは

玉砂利が大きくもてはやされているのは、その有用性に注目が集まっているからです。玉砂利については、そもそも日本の家屋の庭に敷き詰められたものであり、その目的は、雨が降った場合の水はけの良さに着目した点や、人が歩くときに音がするため、防犯性に寄与するものとしてのものでありました。 昨今においては、マンションやアパートなどの集合住宅の増加や防犯システムの発展により、玉砂利のニーズも下火になってきています。一方において、神社などには、玉砂利が敷き詰められており、外国人観光客などが物珍しげに足もとの玉砂利を見ている姿も良くみられます。 今後においても、日本の家屋や文化を語るうえでは、欠かせない存在といえるでしょう。

玉砂利敷き工事の内容と費用について

玉砂利とは住宅の外構工事や、お墓周りの砂利に利用される一般的な材料であり、ホームセンターなどで購入できます。 玉砂利を敷き均しすることを砂利敷きと言い、効果としては美観を良くすること、踏み入れた時の音で侵入者を威嚇する防犯効果、雑草などが生えにくいようにする衛生面の効果が得られます。 玉砂利自体の値段は一袋10キログラム入りのもので1000円前後で販売されており、DIYの流行もあり、自分で砂利敷きを行う人も多くなっています。 外構工事を専門にする業者に依頼すると、玉砂利の敷き均し工事では一平方メートル当たり2500から3000円の単価が相場となります。 砂利敷きは単純に砂利を敷き均すだけでなく、下地として防草シートなどで雑草の成長を抑制するシートを施工することが重要です。